SOU建築設計室の保育・福祉

居心地がいいことは気持ちがいいこと。
だからこそ、私たちは「もう一つの家」を作りたい。
包み込む優しい空間、気分が晴れやかになる空間
子どもや保護者、お年寄りが気持ちよくすごせる素敵で安全な場所
それがSOU建築設計室の「保育・福祉施設」です。

L保育園シリーズ

保育園の設計においては、まず「安全・安心」が何より大切。保育士の皆様は、私たちには想像が及ばないほどの緊張しながら保育をしていただいています。それを、少しでも支援することが設計者の最初の役割です。

永福ふれあいの家

杉並区の民設公営デイケアセンターです。
来訪された方が晴れやかな気持ちになれるよう、木をふんだんに利用した天井の高い明るい空間となっています。(前職にて担当)

L保育園 石川台

東京都認証保育園です。
木質感を大切にしたインテリアで、今後のらる保育園シリーズのコンセプトを事業主様と方向づけた物件です。低い天井を高く見せるルーバー天井な、建築的な工夫もしています。

L保育園 目白

スマート保育制度第1号の認定園です。
前例がない制度でしたので、事業主様とご一緒に行政に通いつめて課題をクリアしていきました。インテリアはシンプルに、保育士の皆さんの飾り付けが映える空間にしています。

M保育園

「清潔感ある、さわやかな保育園」との要望を大切に、グリーンを配色した保育園を作りました。
やわらかなパインの無垢材の床、腰壁にはクッションを設け、かわいらしいペンダント照明もポリカーボネート性のものを採用し、子供たちの安全性にも十分考慮して設計しました。

森山保健センター

旧森山町の保健センターです。小径材の県産木材を利用して組み上げています。
町の公園の中に建つためシンボリックで昔風で堂々とした建物であること、とのご要望に応えたデザインです。(前職にて担当)

美麻村情報センター

旧美麻村の情報センターです。
隣接する福祉施設と連携して、村民の情報リテラシーの向上を目的に作られました。大断面集成材の構造と、曲面の屋根が特徴です。(前職にて担当)

戸隠そば博物館/鏡池ビジターセンター

農具資料館的なイメージの強かった「戸隠そば博物館」の展示を一新し、地域の歴史と蕎麦の文化を分かりやすく展示できるよう改修したものです。併設する鏡池ビジターセンターは商品構成から見直し、地域の人気スポットに変わりました。

CONCEPTコンセプト

もう一つの家

保育・福祉施設共に、1日の多くの時間をこれらの建物で過ごす子供や老人がいらっしゃいます。私たちは、施設を「もう一つの家」と感じてもらえるような、暖かみのある雰囲気に設計していきたいと考えています。
できるだけ木材を利用したインテリアを心がけているのも、このような気持ちによるものです。

空間デザインはもとより、「もう一つの家」は安心できる場所である必要があります、その前提は安全性や衛生面がとても大切です。「安全安心衛生」は施設の工夫に加え、運営のしやすさも考慮して設計しています。